LP(ランディングページ)は「ファーストビュー」が最初の勝負

LP(ランディングページ)は「ファーストビュー」が最初の勝負

恋愛とおんなじ。「あり」か「ナシ」かは最初に決まる

《この記事がお役に立てる方》

「LPからの申し込み率をアップしたい」
「LPのどこを改善したらいいの?」
と思われてる個人事業主様

ファーストビューとは

ファーストビューとは | ジャストウェブ
ファーストビュー」って聞かれたことありますか?
直訳すると「最初に見えるところ」、そのまんまの意味です。
webにおけるファーストビューは
LP(ランディングページ、以下「LP」)に訪れたときに、スクロールせずに最初に見える範囲のことを指します。

ファーストビューが最初の勝負!

LPの場合、訪れた人はファーストビューを見て
3秒以内に「続きを読む」か「去る」かを判断し、
さらにすぐに去ってしまう割合(直帰率)は70%以上といわれています。

見た人に「このページ、私に関係なさそう」と思われたら、続きを見てもらうことはできません。

では「このページ、私に関係ありそう!気になる」と思ってもらうためにはどうすればいいでしょうか。

どんなファーストビューがいいの

「人は自分のことしか興味がない」

  • 「私」に関係あるのか
  • 「私」の悩みを解決してくれるのか
  • 「私」にどんな良い変化を与えてくれるか
  • 「私」でもできるのか
  • 「私」に合ってるのか

LPのファーストビューでは、これに対する答えをコピーやデザインで表現することがポイントになります。

ファーストビューに入る要素としては、

・キャッチコピー
・メイン画像
・強み(権威や信頼を補強する数字など)
・アクションボタン(申込みや問合せなど)

などがあります。

「見た目」と「伝えたいこと」一致してる?

「誰がどうなる」というメッセージは、キャッチコピー、デザインやコンテンツ(内容)との一貫性が重要です。

「メラビアンの法則」
聞かれたことがある方も多いと思います。

「人は見た目で判断する」と言いたいときによく使われますが、本来は「見た目」と「言ってること」が一致していることが重要ということを示したものです。

例えばLPのファーストビューで、キャッチコピーとデザインがちぐはぐだとどうでしょう?

《例》
・「エグゼクティブ向け」なのに、新卒風の男性が登場して爽やかグリーンが使われいる
→新卒向け?

・「エラガントな大人の女性向け」なのに、ポップなフォントでカラフルな色使いのデザイン
→若い女性向け?

・「繊細なジュエリー」なのに、力強い極太ゴシックが使われている
→大ぶりなジュエリー?

この場合は、コピーよりもデザインが与える印象の方が強く残り、また、コピーとデザインが一致しないので違和感を与えてしまいます。

とくにインターネットユーザーはせっかちで直感的。

「・・・ん?(なんか違う)」と感じると、すぐに離れていきます。
「見た目」と「言ってること」に統一感があると安心して読み進めることができます。

パソコンでもスマホでもキレイに見える

「ファーストビュー」で気をつけたいのが「比率(アスペクト比)

単純にいうと、パソコンだと「横長」、スマホだと片手で持つと、通常は「縦長」です(横にすると「横長」になります)。
その他タブレット端末などでも比率やサイズが変わります。

「パソコンではきれいに見えてるけど、スマホで見ると小さくなって見づらい」というwebページをたまに見かけます。
(最近はだいぶん少なくなってきてますが)

「なんか見づらい」と感じたら、それだけでユーザーは読む気が失せて離れていってしまいます。

パソコンで見てもスマホで見ても、ちょうどいいレイアウトになるようにファーストビューを作る(最適化する)のが理想です。

《パソコンとスマホに対応したLPファーストビューの事例》

「ディープマインドフルネス脳科学協会」アキ・ソラーノ様 | ジャストウェブLP制作事例
「ディープマインドフルネスプログラム」アキ・ソラーノ様 | ジャストウェブ 制作事例
セレクト淡路「オニオンスープ プレミアム」 | ジャストウェブ制作事例
淡路島産あめ色炒め玉ねぎLP セレクト淡路様 | ジャストウェブ制作事例
テレビアンテナ職人 | ジャストウェブ制作事例
聖篭町のさくらんぼLP|新潟屋 | ジャストウェブ制作事例

まとめ

くどいですが、ランディングページは「ファーストビューが最初の勝負

恋愛と一緒です。
まず「見た目」から入って「合格!」となれば、やっと中身を読んでもらえます。

「一目ぼれ」されるファーストビューを目指して、来てくれた人のココロを掴みましょう

 

 

「ホームページやランディングページについて相談したい」
と思われる方は、まずはお試しwebコンサルティングへどうぞ

【LINEおともだち限定】
webコンサルティング(30分)
初回無料
ジャストウェブLINE公式QRコードはこちら
ジャストウェブLINE公式QRコード・M

 

>web発信の「基礎体力」を鍛える

web発信の「基礎体力」を鍛える

個人事業主にとって必要なのは、 自分のコトバで商品サービスの魅力を「伝えるチカラ」と、発信するための「webのスキル」を磨いていくことです。 「ステップアップweb」で、できることからはじめて、ビジネスと一緒に成長していくホームページ作りをサポート致します。

CTR IMG