アタマじゃない!ココロが欲しがる!

ココロが動いた瞬間

先日、とってもかわいいスイーツ屋さんを見つけました。

住宅街の中に突如あらわれるニューヨークの街角を彷彿させる(行ったことないですが)ピンクの店構えに愛らしいドールの看板。

「何アレ、カワイイ♡」

このまま通り過ぎてはいけない!と、一瞬で私の中の女子センサーがピピッ!と反応しました。

近くまで寄ってみて目がハートになりました♡
ショーウィンドウに並ぶ色とりどりのマフィン達。

オンナゴコロをくすぐる!

お店の説明コピーを読んでみると・・・

「世界の輸入職人・菓子のバイヤー歴30年余り。
そんな店主の感性から生まれた個性豊かな焼菓子の数々。
完全ハンドメイドで手間と愛情込めておつくりしています」

バイヤー歴30年の店主が作った手作りお菓子なんて、美味しいに決まってる!

わかりました。買います。

スイーツを買いたかったわけでもどこかに手土産を買う予定もなかったのですが・・・

ワタシ、どうして買ったんだろう?

おうちに帰って美味しく頂きながら、考えました。

「なんで買ったの?」

ひときわ目立つピンク色の外観、見た目もネーミングも魅力的なマフィン、お店の説明書き。
出会ったときから、世界観キャッチコピーにやられてたんですね。

ついついショーケースをのぞいてみると、
「アタマ」では「糖質・小麦粉・バター、アカン!」と思ってても
「ココロ」は「買っちゃいなよ~、満たされるよ♡」とささやいたのでした。

すでに「買いたい(買おう!)」と思っているから、それを正当化するために「買う理由」を探し始めます。

・この場所あんまり来ないから、買うなら今だよ
・コレ食べても晩ごはんは軽めにしたら、ダイエットは大丈夫
・買って帰ったら子ども達もよろこぶよ
・すごくかわいいからSNSのネタにもなるよ

最初に「ココロ」が動いたら、理由はあとからでもいいんです。

 

「買いたい気持ち」を客観的に考えてみる

モノやサービスを買う時の意思決定は、誰もが日常的に行ってます。
「なんとなく」選んでいるようでも、必ずその商品を選んだ理由があるはず。

「なぜこの商品を選んだんだろう?」

と客観的に振り返ってみると「お客様の購入心理」に気付くヒントになります。

もし、マフィンがスーパーで売られてたら?
もし、マフィンが街中じゃなくて百貨店だったら?
もし、マフィンが店構えがピンクじゃなかったら?
もし、マフィンが店構えとコピーがちぐはぐだったら?

また違ってたかもしれません。

 

 

これを買ったらシアワセになれる!というワクワク感、
あなたのサービスでもアタマじゃなく、
ココロで感じてもらえたらいいですよね
女性の「ココロ」をときめかせるホームページに
ご興味がある方はLINEでおともだちになってくださいね
 

ジャストウェブLINE公式
QRコードはこちら
ジャストウェブLINE公式QRコード・M

>web発信の「基礎体力」を鍛える

web発信の「基礎体力」を鍛える

個人事業主にとって必要なのは、 自分のコトバで商品サービスの魅力を「伝えるチカラ」と、発信するための「webのスキル」を磨いていくことです。 「ステップアップweb」で、できることからはじめて、ビジネスと一緒に成長していくホームページ作りをサポート致します。

CTR IMG